新年ご挨拶 2021年

明けましておめでとうございます。

新玉の年は、パソコンに向かって仕事をしながら迎える、これが斑猫軒店主の例年の習いとなっておりまして。
別段急ぎの仕事があるワケでもなし。もとより貧乏性なタチではありますが、それが正月に働く理由かと問われればそれも少し違う。ましてや勤勉などでは断じて断じて。

8年前の年の瀬にwebショップをオープンして、正月もせっせと商品登録していたものですから、毎年この季節になるとそれが無性になつかしく、同じように作業しながら初心に還ってみたくなるわけです。
いったいどのくらいの人がサイトを見てくれるのかも分からないまま、無心に本のデータを入力していた、あの年末年始に比べれば、今いる場所はずいぶん有難いな、とつくづく。

それにしても昨年は多くの方にとってご心痛の絶えない、たいへんな一年でしたね。インターネット通販を主としている当店などは比較的影響が少なかった部類に入るかと思いますが、それでも毎年恒例となっていたイベントの中止が相次ぐなど、従来とは勝手の違う局面がたびたび。

数ヶ月先に世の中がどんな具合になっているのか、見通しの立ちづらい状況は今も相変わらず。
もっとも、当店の心がけることは何時でも同じですよ。
まずは日々の小さな仕事を積み上げることが第一。その前提ありきで新しいモノゴトや試みにもアンテナを張っておきたいものです。

目の前のあれやこれやに追われるばかりで、なかなか手をつけられずにいるアイデアも幾つかあるので、どうにかしたいところですが……。そのためにも計画性を持って動く、というのが今年の目標らしきものでしょうか。

それから、さしあたって考えなくてはいけないのが、このブログの運用。催事への出店が激減した現状をふまえて、告知以外の記事を、簡単なものでいいからもう少しコンスタントに書きたいな、と。

何にせよ、まだしばらくは古本屋で居続けたいものです。
本年もお力添えのほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

古本斑猫軒店主 渡邉賢二

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA